朝日鋳工株式会社

七〇年の技術が生きているものづくりの心がいきている鋳物を、その先の品質へ

沿革

〜1999年 2000年〜

1939年8月
堺市松原町1番地に於いて合資会社朝日鋳造所創立。
1951年9月
堺市石津北町77番地に新工場を建築、移転する。
同月、株式会社朝日鋳造所を設立、合資会社朝日鋳造所の事業を継承する。
1959年3月
商号を朝日鋳工株式会社に変更する。
1961年12月
堺市鳳東町六丁616番地に新工場を建築、移転する。
1970年10月
水道用鋳鉄異形管の製造を開始する。
1971年6月
水道用異形管工業会(現 日本ダクタイル異形管工業会)に入会する。
1974年11月
日本水道協会検査工場に登録。
1976年9月
5屯低周波誘導炉(1号炉)を設置、キュポラ溶解を廃止する。
1977年6月
ダクタイル鋳鉄の生産開始。
1980年10月
自社設計製作によるAMS全自動造型ラインを完成させる。(Aライン)
1983年6月
5屯低周波誘導炉(2号炉)を設置する。
1985年5月
3屯低周波誘導炉(3号炉)を設置する。
1985年7月
第2次自動造型ラインが完成。(Bライン)
1988年12月
粉体塗装ラインを設置、エポキシ樹脂粉体塗装を開始する。
1989年8月
第3次自動造型ラインが完成。(Cライン)
1990年4月
日本水道協会指定検査工場に登録。
1996年7月
日本下水道協会認定工場となる。
1997年1月
耐震型ダクタイル鋳鉄異形管(NS形)の製造開始。
1997年5月
石津製品センターに立体自動倉庫を設置する。
1999年12月
ISO9002認証取得(現ISO9001:2002年12月移行)
2002年11月
高尾倉庫にて製品の在庫、出荷業務を開始する。
2005年11月
流動浸漬式塗装装置を設置、内外面粉体塗装を開始する。
2007年5月
粉体塗装ラインを増設する。
2007年12月
発光分光分析装置を設置する。
2010年2月
日本水道協会第1種検査工場に登録。
2010年3月
近畿経済産業局より資源生産性革新計画の認定(第1号)を受ける。
2011年1月
新型耐震ダクタイル鋳鉄異形管(GX形)の製造開始。
2011年1月
GX形異形管用溶射設備の導入。
2011年3月
資源生産性革新計画による自動造型ラインの更新事業が完成。
(旧A・Bラインを撤去し、両ラインを統合した新Aラインを設置)
2012年3月
資源生産性革新計画による全自動砂処理ラインの更新事業及び低周波誘導炉3基から高周波誘導炉2基への更新事業が完成。
2012年10月
粉体塗装ラインを更新する。
2014年10月
先端設備投資促進事業費補助金による自動造型ラインの更新事業が完成する。(Cラインを撤去し、新Bラインを設置)